薬用アクレケアとベルブランの比較

薬用アクレケアとベルブラン、どちらも薬用の美容液でニキビケアやニキビ跡ケアをしたい人に人気があります。しかし、配合されている成分などは異なっていて、薬用アクレケアの場合にはヒアルロン酸や月下香、カムカム、卵殻膜などの成分が入っているのに対して、ベルブランにはトラネキサム酸やトリプルヒアルロン酸、グルチルリチン酸ジカリウムなどが入っているという特徴があります。これらの成分は、肌のバリア機能を正常な状態へ戻す効果が期待出来る保湿成分や保水性分、そしてニキビができた場合の炎症を鎮めることができる抗炎症成分となっているので、ニキビ跡にも活発なニキビに対しても効果を発揮してくれます。どの成分と自分の肌が相性が良いかは個人差がありますので、まずは使ってみてからどちらを続けるか決めるという方法もアリですね。

 

それぞれの美容液ごとに配合されている成分が異なるというだけでなく、どんな症状に対して大きな効果を発揮してくれるのかという点も若干異なります。例えば、ベルブランの場合には、赤みのある色素沈着やニキビ跡に大きな効果が期待できる成分が多く入っているので、続けることによって赤いニキビ跡やシミ、赤ら顔など赤みに関する肌トラブルをスッキリ解消することができます。一方、薬用アクレケアは凸凹肌を解消してくれる効果に特化している美容液で、肌の再生を促進することで凸凹肌を少しずつ根本的な部分から解消するとともに、透明のベールで肌表面を包み込んでくれるので,凸凹肌が目立たなくなるという効果も期待できます。

 

ニキビやニキビ跡と言っても具体的にどんな部分で悩んでいるのかは個人差がありますので、悩みに合わせて商品を使い分けるという方法も良いでしょう。また、赤みにも悩んでいて凸凹肌にも悩んでいるという人なら、薬用アクレケアとベルブランの両方を交互に使うという方法でも問題ありません。重ねづけしてもOKですが、今日は薬用アクレケア、明日はベルブランというように日替わりで使い分けるという方法でも、続けることによって大きな美肌効果が期待できるはずです。

 

薬用アクレケアのさらに詳しくはこちら

 

薬用アクレケアとビーグレンの比較

ニキビケアができるスキンケアブランドはたくさんありますが、その中でも人気が高い売れ筋ブランドといえば薬用アクレケアやビーグレンではないでしょうか。どちらもニキビケア用のブランドとして知られていますが、どんな成分がどんな作用でどんな風にニキビやニキビ跡に作用してくれるのか、そのメカニズムは異なっているので、スキンケアをする際には自分の肌やニキビの状態と相談しながら決めることが必要です。

 

まず、薬用アクレケアの場合には、ニキビ跡の凸凹肌をツルツル肌に変えることができる美容液で、ビーグレンのようにラインとして販売されているわけではないという特徴があります。美容液なので洗顔剤で洗顔した後に化粧水でたっぷり保水してから薬用アクレケアを使うことになりますが、人によっては薬用アクレケアに含まれている保湿成分が肌を確実に保湿してくれるから化粧水は使う必要がないと感じる人もいるようです。導入化粧水として使うこともできる美容液が、薬用アクレケアなのかもしれませんね。

 

一方、ビーグレンはアメリカのハリウッドで開発されたスキンケアブランドで、科学的な技術と医学的な見地から皮膚の健康を改善するために必要な成分が厳選されているのが特徴です。ニキビケア用というシリーズがラインナップされているわけではありませんが、ニキビ肌用の場合にはおすすめの商品がラインとして紹介されていますし、洗顔から肌の仕上げまで全てビーグレンでお手入れできるようなラインナップとなっています。

 

配合されている成分も異なります。薬用アクレケアの場合、月下香やカムカム、卵殻膜などのエキスによって肌をたっぷり保湿してバリア機能を改善したり、健康な皮膚細胞を再生するために必要な成分がたっぷりと配合されているのが特徴です。一方、ビーグレンの場合には配合されている成分はピュアビタミンCやラミリン、ポリアミン、EDP-3など科学的根拠に基づいて抽出されている成分がメインとなっています。

 

薬用アクレケアとリプロスキンの比較

日本で製造開発されているニキビケア用スキンケアブランドと言えば、薬用アクレケアやリプロスキンが代表的ですね。どちらも活発に出来ているニキビの炎症を抑えたり、ニキビ跡として残っているトラブルを解消できる効果が期待できますが、配合されている成分や作用が異なるので、商品を選ぶ際には自分の肌が必要な成分や効果で選ぶ必要があります。

 

配合されている成分を見てみると、薬用アクレケアには専門家が注目している月下香という成分が入っていて、これはヒアルロン酸よりも高い保水力があることで知られています。希少性分なのでまだまだ月下香が配合されているスキンケアブランドは少ないのですが、高い保水性分の働きによって効率的に肌力をアップし、新しいニキビを作ることを予防できる効果が期待できます。一方、リプロスキンに配合されている成分は、スクワランやプラセンタ、グリチルリチン酸ジカリウムなど水分成分とオイル成分がバランスよく配合されているのが特徴です。どちらも肌質を改善してくれますが、肌が極度に乾燥している人ならまずは薬用アクレケアから使ってみるのが良いかもしれませんね。

 

薬用アクレケアとリプロスキン、どちらも優秀な商品なのですが、敏感肌やトラブルを起こしやすい肌質の人にとっては大きな影響がある決定的な違いがあります。それは、返金保証がついているかどうかという点ですね。リプロスキンには60日間の返金保証がついているので、もしも試しに使ってみて肌と相性が合わない場合には使いかけでも返品することができますし、全額を返金してもらうことができます。一方、薬用アクレケアは返金保証という制度としてはついていませんが、肌トラブルを起こしやすい添加物などは一切入っていませんし、敏感肌の人でも安心して続けられると口コミでも大人気なので、あまり心配する必要はないようです。ただし、安心できる保証が欲しいという人なら、リプロスキンの方が良いのかもしれません。

 

薬用アクレケアのさらに詳しくはこちら